月と雨音

好きと楽しいをたくさん詰めこんで

夏らしい?おはなし

 夏といえば……やはり、あれですかね。

 

 ひゅーどろどろどろ……。そう、怪談です。私は苦手なので、ホラーも見ませんが。そんな私が、なぜ?ってなりますよね。怪談ではないですが。おばけや幽霊、見てことありますか?

f:id:sena_kureha:20170809223619p:plain

 子供の頃は、はっきり見えていて。生きてる人と区別がつかないくらいでした。よく動物や子どもは見える、なんて言いますが。そのパターンに入っていました。

 今でも、虫の知らせというか。なんとなく、感じる良い悪いで未知のものを判断しています。前にも、中身の見えないスイカのような野菜を、勘で決めるという記事を書きましたが。

 

 なんとなく声をかけられた気がして、そそ…っと動くと。そこにボールが飛んできたり、歩道ぎりぎりに寄せている車が走っていったり。皆さんも、似たような経験をお持ちではないでしょうか。

 単なる偶然でもいいですが、助かったなーと思って。自分の好きな果物やお菓子を、食べる前にテーブルに置いて。既に亡くなっている祖父母にどうぞ、と心の中で言って。10分くらいしてから食べることがあります。

 仏壇や神棚があるなら、毎日じゃなくても。いい事のあった日に、拝んだり。お菓子をおいてもいいのかなと。

 

 私は決して信心深くはありません。宗教の一部でもある神話が好きですが。民族の歴史や考え方、人が理不尽なこと(気象現象や病気など)を、どう納得させてきてのか。歴史的事実と、精神面の変化、どんな世界を夢見ていたのか。それを知ることが出来て、好きなんです。この話は、今度濃く濃〜〜く書こうと思います。

 どの宗教も、科学も。信じて、あるいは正しいと思うから成立します。見えない亡くなった先祖は、いてもいなくても生活に変化はありません。

 でも、いると思って何かに感謝したり、自分はツイてるなと思うなら。利用しても良いと思います。お財布が軽くなるわけでも、嫌な気分になるわけでもないですからね。

 

 ところで、私も子ども時は、おばけ見えてたーって方。いらっしゃいますか?