月と雨音

毎日のあれこれとイラスト

【思考】カタカナ語に気をつけなさい

f:id:sena_kureha:20180116224821p:plain

 ちょっと真面目に書くぞ。

 学生時代、とても好きな授業がありました。授業内容もですが、最初に先生の仰ったことが非常に印象に残っているのです。

 

 カタカナ語に気をつけなさい。自分の中で、どんな意味なのか決めてから使わないと。

 

 今だと、どんな言葉なんでしょうか。インフルエンサーとかがそうなのかな。メディアは次々、新しい言葉を使います。耳や目から、言葉が入ってきて。こういう場面で、こんな形で使われているから。こんな意味なんだな。という、雲というか範囲のように言葉の意味を覚えていきます。

 インフルエンサーという言葉は、影響+人。影響力のある人って言葉です。ちなみに今の時期、気をつけないといけないインフルエンザも語源は同じ。でも影響力って、何でしょう?

 今の私が思う、インフルエンサーは、ずばり有名人。でももっと狭い範囲です。どの世代も知っているというよりは、「20代までの女性に人気があり、ログやインスタグラムで一般と近い距離で露出のできる人」という認識です。

 ブログを見ている皆さんは、インフルエンサーってどんな意味だと思いますか?

 

 流行を作る上で、最新でないといけないから。新しい言葉を使うのは、なんとなく分かりますよね。同じくらいカタカナ語を使うのが政治とか、会社のスローガンです。

 知らない言葉を使って、格好良く話しているのか。新しい事をしてくれるのではという、淡い期待。他にも理由はあるでしょうが、私は普段使っている分かりやすい言葉をもっと使ったほうが。何を言っているのか、本当にやってくれるのか分かると思うんですけどね。

 では、先ほど書いたスローガン。どんな意味でしょうか?

 

 「考え方、やりたいことを説明したいけど、長いんでキャッチコピーにしました」と私は思います。要約でも良いですかね。これが会社のスローガンとなると、どうですか。ほぼ企業理念と同じ意味合いになると思うんですが。

 

 私だって、いつもいつでも考えているわけではありません。知らない言葉が出てきたな、と思ったら。少し俯瞰で、何を指しているのか考えています。