月と雨音

毎日のあれこれとイラスト

難しい自己紹介

 一緒にセミナーを受けていた仲間が、4月から海外へ語学留学しています。連絡は取り合っていて、お互いの近況を話すのですが。自己紹介がうまく出来ないと話していました。

 私は自己紹介、実は少し得意です。これには、オタク特有の理由があったりします。

f:id:sena_kureha:20180501224155p:plain

 学校などでは、新年度にやるので。名前と趣味くらい伝えればいいですよね。

 では社会人になると、どうでしょう。新卒のときは出身校、専攻、どんなことをしたいか。あたりが定番ですかね。あと上京などしている場合は、出身地を言うと。先輩や上司ともコミュニケーションが取れますよね。

 

 オタクが会うことを、オフ会と呼びます。ネットなどのコミュニケーションでは、好きなもので集まるので、年齢や出身地がバラバラ。なんなら性別も分からなかったりします。

 社会では、年齢、仕事から紹介が始まりますが。オフ会では個人の特定がされやすい情報は、自分が話さない限り聞かないのが暗黙のルールです。最近は、そこまででもないかもしれませんが、なんとなくレベルがお互い楽な距離感かと思います。

 そう、自己紹介の定番ができません。その代わり、趣味や好きになるものの傾向。休みの日に、どこに遠征したかなどを話します。それと、趣味などの弱い繋がりなので。話しかけられると嬉しいとか、気になると話よりも考え出してしまうので。自分の失礼に見えるかもしれない部分を先に伝えています。

 (遠征というのは、イベントなどに参加するため都心部、地方に限らす足を運ぶことを指します。)

 

 皆さんもし、オフ会に出たらどう自己紹介しますか。性格まで人に伝えること、そんなにないですよね。たまには、自分の得意を探す気持ちで、シュミレーションしてみるのはどうでしょうか。