月と雨音

毎日のあれこれとイラスト

見慣れた姿によく似た何か

 暗くなるのが冬は早くて。外の景色が見えていた窓に、いつの間にか鏡のように自分が映って驚くことがります。これ地下鉄に乗っているとき、遠くの座席や反対側の立っている人と、映り込んだ目が合って。どことなく気まずくなる現象に遭遇しませんか。いや盗み見していたわけでなく、ぼーっとしていただけなんです。

 鏡のように全部が反転しているわけでもなく、外にある現実の風景と。見えないはずの自分の後ろの両方が混ざり合って、好きな情景の1つでもあります。

f:id:sena_kureha:20190109213547p:plain

 

sena-kureha.hatenablog.com

  今月末、お暇でしたら。