月と雨音

毎日のあれこれとイラスト

映画ドラえもんは いいぞ 2019

 友達と行ってきました、ドラえもんの映画。今回は脚本が辻村深月さん。「かがみの孤城」が有名かな。映画ももちろんですが、辻村さんがお好きなら執筆された小説がふるので、そちらはいかがでしょうか。大人向けと、ジュニア文庫という2パターンで発売されています。手に取っていないのですが恐らく、フリガナなどが違うのかと思います。

f:id:sena_kureha:20190321193605j:plain

 映画館に写真を撮るのにピッタリなものが。椅子になっているので、ドラえもんの隣で写真が撮れます。

 このボードからも分かるように、今回の映画は月が舞台です。内容には触れませんが、始まる前に夢をかなえてドラえもん(今の主題歌です。もう「アンアンアン とってもだいすきドラえもん~」、ではありません。)が流れてきます。そこで月やウサギにまつわるイラストが何枚も映るんですが。かぐや姫などは分かりやすいんですが、他にもあるので推理しながら見てください。映っている時間も、そんなに長いわけではないですが。

 今回のお話、SF好きならたまらない内容です。定番を子どもに分かりやすく、わくわくするように作っています。前回の宝島も面白かったですが、月面探査記のほうが子どもと距離が近いと思います。

 というのも祝日の昼に見たので、ほとんどが親子連れ。最近の映画は60分以上あるんですが、どうしても椅子にじっと座るのが難しい子も多いと思います。今日、誰も立ち上がらずに最後まで見ていました。そう、面白かったんだよね。

 

 来年も見に行くぞ。