月と雨音

毎日のあれこれとイラスト

クソガキに磨きがかかっていた(Devil May Cry5)

  今月23日に読書会します。宣伝でした。

sena-kureha.hatenablog.com

 昨日もう書いたのに、話したりないみたいで。すみません、今日も5の話です。

※文章内にあまり綺麗でない言葉が出てきますが、これはゲームとの親和性の結果です。

※5のネタバレはありません。4までの内容には触れています。

 短髪になって描きにくくなったぜ、ネロ君。

f:id:sena_kureha:20190309193010j:plain

 4から出てきた新キャラでしたネロ。4のときは17歳で、ストーリー中でもダンテに「クソガキ」と呼ばれていましたが。髪のちょっと長めの銀髪サラサラヘアーで、まだお坊ちゃんぽさが残っていたのに。誰かの影響か3の頃のダンテのような口調に。いや4のときから、口は悪かったね。嘘ついたわ。

 シリーズ通してですがダンテは軽口を叩き、ボスもおちょくって、どんなにピンチでも冗談をやめないキャラクターです。ネロはいくらか言葉遣いがマシでしたが、ダンテほどではありませんが相変わらずです。ゲームに挑発というコマンドがあり、わざわざ怒らせるようなことを言うくらいですから。

 5の出だしにビックリして、これゲーム始められるの?と心配しましたが。5は1からやってきた人のほうが確実に楽しめます。色々と懐かしくなりました。1の心臓に刺さるアラストルに驚き(そして恒例行事になってしまいました)。2はバグとダンテが操作しづらくなり困り。3には噂のお兄ちゃん(鬼いちゃん、とも言う)が出てきたり。4で主人公交代に、そりゃもう驚き。

 ダンテがどんどん変わっていくので、新作楽しめるかな。なんて毎回思うんですが、いざプレイし始めると。そんな心配してたのを忘れるくらい、魔具(武器)もアクションに、軽口も最高にハイで。4月からブラッティパレス配信なので、いくらか操作が上手くなっていたら良いな。

 明日からは悪魔と踊る話は止めて、通常営業にしますね。