月と雨音

毎日のあれこれとイラスト

ジュエリーボックス

f:id:sena_kureha:20200717200547p:plain

 キレイなもの、大切なものは見せびらかす派ですか?しまう派ですか?

 私の場合、ものによって違います。見せびらかす、しまうの他に眺めるという3つの方法でキレイなものを保管します。

 「見せびらかす」のは、言葉の通りでこの作品をみんなに知ってほしい、このケーキみんなに食べてほしい」という感動を分かち合いたい、知ってほしい。

 「しまう」のは、自分だけの秘密にしたいとき。すごく面白い本だから皆にも読んでほしいけど、この面白さを独占したい。というちょっとした優越感を味わいたい。

 「眺める」のは、広めるとか隠すとかではなく、単純に存在すればもうそれだけで良い。例えばこの曲はもう聞けるだけで良いから、人に勧める必要も感じず。ただ私個人が対面で全てを受け止めたい、ゆっくりじっくり鑑賞したいという気持ち。

 お宝は隠すものでしょうが、私の宝物庫は常に潤沢で、心が揺さぶられて欲しいものばかりです。良いものは人に薦めたいタイプなんですが、人並みに独占したい気持ちもあるし、もう出会えただけめ良いというメーターが振り切れた感動もあるわけです。恋人を自慢したいけど、自分だけのものだから知られたくないし。けれど素敵なことを伝えたい。そんな感じに似ているのかな。私は惚れっぽいというか、好きになるものが多いです。次から次に目移りしていますが、かと言って好きがなくなったわけでもなく。今は絵画の特定の描き方、マネリスムのバロメーターが強い。でも明日には、バロック建築バロメーターがぐんっと上がる。そんな日和見なところがあるんです。好きすぎると殿堂入りしてしまって、比べられず。いつでも喰い付く亡者になるものもあります。好きが多いから、知識も増えるんでしょうね。多いから良いというわけではなく、どれだけどっぷりと浸れるのか。そこが大事。